協力金を1日でも早くもらうために

埼玉県感染防止対策協力金を1日でも早くもらうにはどうすればいいのでしょうか。
一言で言えますよ。

「審査しやすいように申請すればいい」

ただこれだけなんですね。簡単でしょう?
協力金を支給するかどうかは、審査を経て決まります。審査をするのは人間です。将来はAIが審査をする時代になるかもしれませんが、今の段階では、人海戦術で審査が進みます。

Webで申請するにしても、紙ベースで申請するにしても、審査する人が見やすい状態で提出します。

これこそが、協力金を1日でも早くもらうコツなんです。
Web申請が採用されていることも、その1つです。審査員は、マソコンの画面を見ながらクリックして審査を進めます。申請した内容と、それに添付して送られる画像を合わせてみながら、申請内容に間違いがないかどうかを見ていきます。

ここで、間違いが出てきますと、申請人に確認するまでもない「書き間違い」については、審査員が訂正します。そして、訂正をしたことについて、記録をします。

この場合、もし、間違いがなければ「記録」をする手間が省けます。審査が早く進む、ということなんです。次に、どんなことを見やすく申請するかをみていきますね。

タイトルとURLをコピーしました