埼玉県感染防止対策協力金の振込があったら

埼玉県感染防止対策協力金の入金があったら、どうしましょう?
今までのお店の赤字を埋め合わせるのに使いますか?それとも、解除されたあとの作戦を立てますか?
協力金は、助成金の一種です。助成金とは、経費を助成する「経費助成」と、制度を導入するともらえる「制度助成」があります。埼玉県感染防止対策協力金は、制度助成ですね。

協力金をもらうために何か経費を使った訳ではないですもの。

「時短営業」やら「休業」やら「お酒の提供を夜7時まで」にするとかの国や埼玉県が「やってください」というものをお店がやれば、協力金をもらえるのです。この「やってください」が「制度」であり、それを実行すれば、「制度助成」として協力金をもらえるのです。

制度助成で手に入れたお金は、何に使ってもかまいません。極論すれば「貯金」したっていいのです。自動車や宝石を買った人もいるくらいです。

では、もっとも有効な使い道はどんなものがありますか?

それは、解除後のお客様を1人でもたくさん呼び込むための準備をすることですね。
お店の内装をキレイにします?
宣伝にお金をかけてみます?
スタッフを雇います?

いろいろあると思います。残念ながら、お客様が自然にお店に戻ってくるのには時間がかかるかもしれません。じっくりと考えてください。いいか悪いか、時間はたっぷりとあります。

ここで、1つ提案させてください。

あなたのお店のホームページはありますか?

ホーページがあれば、グルナビやレッティーなんかの飲食店紹介サイトにわざわざ宣伝費を支払わなくても自前で宣伝できますよ。ホームページは1度作ってしまえば、大きく手を入れることはありませんから、お金がかかるのは最初だけです。

どんなホームページがいいかを想像してみてください。ライバル店のホームページを参考にしてみるのもいいですね。そうすれば、うちの店はこんなホームページが欲しいな、というイメージが浮かんでくるでしょう。

もし、イメージが湧かなければ、ご相談ください。1件20万円+消費税で、できる限りあなたのわがままにお答します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました